メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

あの痛々しい記者会見を経ても…

 あの痛々しい記者会見を経ても、日本大学の姿勢に誠意はいまだに感じられない。アメリカンフットボールの悪質なタックルをめぐる指導者への批判はむしろ高まる一方だ▲会見に臨んだ20歳の青年の表情と言葉が頭から離れない人も多いのではないか。「楽しいスポーツだと熱中していましたが好きではなくなりました」「競技を続ける権利はないし、やるつもりもありません」。そんな思いをさせる監督やコーチがなぜ学生スポーツの指導を続けてこられたのだろう▲高校バスケットボール界に一人の名将がいた。秋田県立能代工業高校の元監督で、3月に80歳で亡くなった加藤広志先生だ。1960年から90年まで監督を務め、高校総体や国民体育大会などで33回の全国優勝に導いた▲田臥勇太(たぶせ・ゆうた)選手ら同校OBは大学や実業団で活躍し、その後指導者にもなって日本のバスケット界を支えている。加藤先生に話をうかがう機会があった。情熱家で研究熱心。何より教え子を大事にした▲あるマネジャーの話になった。強いチームには有望な選手が全国から集まり、レギュラーになれない生徒も出てくる。選手として華やかな舞台に立つのをあきらめて「チームに貢献したい」と泣きながら裏方になる決心をした▲この生徒のことをずっと気にかける人だった。彼らの父親でもあったのだ。加藤先生に聞いてみたかった。今回の問題はなぜ起きたのか。そして、もうアメフットは続けないと言う彼に、もし先生ならどんな言葉をかけますか、と。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
    2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
    3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
    4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
    5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです