メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

うつと重なる平成の風潮 歴史学者・與那覇潤氏

言語が機能する日本に

 歴史学者の與那覇潤(よなはじゅん)さん(38)が、自身のうつ=1=体験と平成史を重ねて論じる「知性は死なない」(文芸春秋)を刊行した。2011年の「中国化する日本」(同)で、若手論客としても注目された與那覇さんだが、15年から2年間の休職を経て、17年に大学の職を辞していた。「病を得て初めてわかった」という、うつと重なる時代の空気を語ってもらった。【聞き手・鈴木英生】

--「知性は死なない」の冒頭で、うつの基礎知識を書きました。

この記事は有料記事です。

残り2897文字(全文3123文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]