メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

男子トマス杯 日本、準優勝 中国に屈す

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯は27日、バンコクで決勝(3戦先勝方式)が行われ、2014年以来2大会ぶりの優勝を目指した日本は中国に1-3で敗れ、準優勝だった。中国は3大会ぶり10度目の優勝。

 シングルスでエース桃田賢斗(NTT東日本)が16年リオデジャネイロ五輪金メダルの〓竜を2-0で破ったが、第2試合で井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)が昨年の世界選手権を制した張楠、劉成組に、第3試合の西本拳太(トナミ運輸)は世界ランキング3位の石宇奇にともに0-2で敗れた。

 第4試合で急造ペアの園田啓悟(トナミ運輸)渡辺勇大(日本ユニシス)組が1-2で逆転負けした。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです