メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

栃ノ心、大関へ有終 ジョージア出身、言葉の壁乗り越え 3場所37勝、30日正式決定

大関昇進が確実となり、観客の声援に応えながら土俵を後にする栃ノ心=両国国技館で2018年5月27日午後6時16分、和田大典撮影

 大相撲の東関脇・栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=の大関昇進が夏場所(東京・両国国技館)千秋楽の27日、事実上決まった。日本相撲協会の審判部は同日、栃ノ心の大関昇進を諮る臨時理事会を30日に開くよう八角理事長(元横綱・北勝海)に要請し、理事長も理事会招集を明言した。

 栃ノ心は前頭3枚目だった今年1月の初場所で14勝を挙げて初優勝し、3月の春場所は関脇で10勝。今場所は13勝で、ここ3場所で計37勝を挙げた。

 大関昇進の目安は「三役で直近3場所33勝」とされる。栃ノ心は2場所前が平幕だが、今場所、横綱・白鵬…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1257文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです