メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

「大関・栃ノ心」30日誕生 “前祝い”敢闘賞・技能賞獲得(スポニチ)

大相撲夏場所千秋楽(2018年5月27日 両国国技館)

 栃ノ心らしい相撲だった。勢と右四つで胸を合わせ、左上手を引きつけての寄り。大関昇進の目安、3場所計33勝を大きく上回る37勝は、3代目若乃花らに並ぶ史上最多。結びで白鵬が鶴竜に敗れたため優勝決定戦は実現しなかったが、最後まで盛り上げた。

     「ドキドキしながら(結びを)見ていましたね」。13日目の正代戦で右手首を痛め、病院で検査すると、以前に骨折した痕が2カ所も見つかった。「いつやったのかな。気づかなかった」。前夜はジョージア風の鍋などを作り「料理はリフレッシュできる」。気持ちを切り替えて千秋楽に臨み、笑顔が戻った。

     審判部はこの日、昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱・北勝海)に要請。30日の臨時理事会で正式に「大関・栃ノ心」が誕生する。阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は「本格的な四つ相撲の大関に」と期待した。

     自力で前祝いもやった。敢闘賞に加えて技能賞も獲得。通算11度の三賞は、現役力士では安美錦に次ぎ豪栄道に並ぶ2位タイ。「いくつあってもいい」と素直に喜んだ。6月上旬には母国ジョージアで弟、ラシャさんの挙式のため“凱旋帰国”するプランもある。新入幕から所要60場所は史上1位タイのスロー出世。「角界のニコラス・ケイジ」と異名を取ったイケメンが30歳で花開き、外国出身11人目の大関となる。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    5. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです