メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

就活最前線 4年生からアドバイス 行動は早め早めに 引き出し増やす インターンに参加

選考解禁が迫る中、リアルな体験を話す就活生と取材班=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で

 2019年春卒業予定者の就職活動(就活)は、6月1日が選考解禁日となる。しかし、キャンパる就活生調査(22日紙面)によると、すでに半数の学生が「内々定」をもらっている。先週に続き「就活最前線」第2弾として、多忙な就活生の4年生に集まってもらい、座談会を行った。【キャンパる就活取材班】

 --3月から多くの企業が説明会を始めますが、説明会には行くべきですか?

 A 話を聞いたらイメージと違う、というのはよくあること。参加したほうがいいと思う。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです