メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大川小訴訟 高裁判決の意義訴え 原告弁護士、都内集会で /宮城

「予見できた津波」県想定 教師へ責任、押しつけず

 東日本大震災で児童・教職員84人が犠牲になった石巻市立大川小の裁判で、学校や市教委の組織的過失を認定した仙台高裁判決を不服として市と県が上告したことを受け、原告代理人弁護士と判決の意義を考える集会が25日、東京都千代田区の専修大で開かれた。吉岡和弘弁護士は「高裁の示した理論枠組みを最高裁に狭めさせぬため、学校現場はもう動き始めているんだと訴えていかなければならない」と力を込めた。【百武信幸】

 大川小の悲劇から教訓を学び学校防災につなげようと、大学の研究者らが4月に発足させた「大川小学校研究…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. 水上特攻艇「震洋」 造った元船大工「国のため」信条曲げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです