メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災後の混乱や葛藤追う 「願いと揺らぎ」上映 来月8日まで横浜シネマリン /神奈川

 東日本大震災の津波により壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の小さな漁村・波伝谷(はでんや)に住む人々の震災後の混乱や葛藤を追ったドキュメンタリー映画「願いと揺らぎ」が6月8日まで「横浜シネマリン」(横浜市中区長者町)で上映される。我妻和樹監督が2008年から震災当日までの3年間に撮影した波伝谷に生きる人々の日常をまとめた「波伝谷に生きる人びと」(14年)の後編で、「震災を経ても土地とともに生きるとはどういうことなのか。故郷とはどういうものなのかを感じてほしい」と話す。

 我妻監督は宮城県白石市出身。05年、東北学院大の学生として民俗調査で訪れたことをきっかけに、波伝谷…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです