メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

明治の末に「円形デッドボール」という球技が…

 明治の末に「円形デッドボール」という球技が日本に紹介され、たちまち小学校に広がった。これ実はドッジボールのことで、大正末にはコートも円形から方形になって名称も変わり、捕球のルールもできた▲「ドッジ=dodge」は「身をかわす」「避ける」という意味である。むろん球だけではなく、質問や責任追及を巧みにすり抜ける意味でも用いられる。こちらの場合には「はぐらかす」「しらを切る」という訳の方がふさわしいだろう▲記録文書の改ざん・隠蔽(いんぺい)、説明の食い違い、新疑惑が次々にわき出る森友(もりとも)・加計(かけ)問題である。疑問の球はたまるばかりなのに、「関与はない」「プロセスは適切」と従来通りの答弁で身をかわしたきのうの集中審議の安倍晋三(あべ・しんぞう)首相だ▲直近の展開で仰(ぎょう)天(てん)したのは、愛媛県文書の首相と加計学園理事長の面会情報が自分らの捏造(ねつぞう)だという学園側発表である。こんな重大な“背信”にも、首相は「コメントのしようがない」と怒る様子もない。かわし上手にもほどがある▲どんな疑問の球が飛んで来てもはぐらかし続ける首相だが、おかげで政府というコートの中はさんたんたるありさまである。首相を球から守るために犠牲になったのは役人の規律や矜(きょう)持(じ)、公文書への信用、行政への国民の信頼だった▲きのうの審議では贈収賄などの不正はないと強調した首相だが、いま世論が問題にしているのはそこではない。民主主義の統治の中枢を改ざん、隠蔽、見えすいたウソまみれにした政治指導者の責任である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
    2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
    3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
    4. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
    5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです