メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ガラスのドーム=玉木研二

 <ka-ron>

 半生を振り返り語る時、全てが整然と連なって矛盾がない人はいないだろう。ましてそれが異様な戦時であれば。オーストリアのドキュメンタリー映画「ゲッベルスと私」に改めて思う。

 「私」はナチス・ドイツ宣伝相ゲッベルスの元女性秘書。昨年106歳で亡くなった。103歳の時に撮影に応じ、「あの時代」を語った。

 1933年、ナチが政権を握った後、放送局に職を得るため入党。政治には関心はなかったという。しかし政…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  3. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  4. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです