メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

歴史教育のあり方

小田中直樹・東北大教授

 学習指導要領の改定に伴い、2022年度から高校の授業が見直される。中でも、新しく必修科目となる「歴史総合」への教育関係者の関心が高い。国際化が進む中で、時として政治問題化しかねない日本人の「歴史観」はどう培われるべきか。そもそも、歴史はどう学べばいいのだろうか。【聞き手・森忠彦】

関心持たせる仕掛けこそ 小田中直樹・東北大教授

 ある教科書会社の依頼で「歴史総合」の欧州部分を担当することになり、まさに今、「どうまとめようか」と悩んでいる。「世界史の中に日本史を位置づける」というのが基本だが、(現在の日本史Aや世界史Aなどに相当する)わずか2単位という枠の中で、日本を含む世界の近現代史をどこまで、どのように書けばいいのか。正直言って「すべてを記載するのはムリだし、すべてを教えるのもムリだろう」と言わざるをえない。

 「歴史総合」が生まれた背景には三つの動きがある。まず1990年代に入って日本経済が低迷した。それま…

この記事は有料記事です。

残り4190文字(全文4599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです