メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の対イラン2次制裁の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 対イラン制裁の厳格化で米国の一方的勝利との見方が一部ある。それは米国での原油生産拡大、原油輸出増に直結するからだ。

 ポンペオ米国務長官の欧州諸国への対イラン制裁協力要請は、イラン原油の引き取り手の急縮小予想につながり、北海ブレント(原油価格の世界的指標)上昇につながった。米国では「シェール革命」で原油の増産基調が続くが、足元ではついにサウジアラビア並みの日量1070万バレルにまで拡大した。輸出量も日量260万バレルを記録する。

 他方イランのロウハニ政権は内外で追い込まれる。2015年の核合意枠組みを英独仏を頼りに守り抜こうと…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです