メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の対イラン2次制裁の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 対イラン制裁の厳格化で米国の一方的勝利との見方が一部ある。それは米国での原油生産拡大、原油輸出増に直結するからだ。

 ポンペオ米国務長官の欧州諸国への対イラン制裁協力要請は、イラン原油の引き取り手の急縮小予想につながり、北海ブレント(原油価格の世界的指標)上昇につながった。米国では「シェール革命」で原油の増産基調が続くが、足元ではついにサウジアラビア並みの日量1070万バレルにまで拡大した。輸出量も日量260万バレルを記録する。

 他方イランのロウハニ政権は内外で追い込まれる。2015年の核合意枠組みを英独仏を頼りに守り抜こうと…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです