メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の対イラン2次制裁の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 対イラン制裁の厳格化で米国の一方的勝利との見方が一部ある。それは米国での原油生産拡大、原油輸出増に直結するからだ。

 ポンペオ米国務長官の欧州諸国への対イラン制裁協力要請は、イラン原油の引き取り手の急縮小予想につながり、北海ブレント(原油価格の世界的指標)上昇につながった。米国では「シェール革命」で原油の増産基調が続くが、足元ではついにサウジアラビア並みの日量1070万バレルにまで拡大した。輸出量も日量260万バレルを記録する。

 他方イランのロウハニ政権は内外で追い込まれる。2015年の核合意枠組みを英独仏を頼りに守り抜こうと…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです