メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

「まちやど」で活性化 「街全体がホテル」連携しおもてなし 空き家など有効活用

瀬戸内ディープライン構想を討議したまちやどシンポジウム=広島県福山市で(HAGI STUDIO提供)

 まちを一つのホテルに見立て、宿泊施設と地域の日常をネットワークさせて街ぐるみで客をもてなす「まちやど」が増えている。建築家など地域おこしのエキスパート6人が中心となり、「日本まちやど協会」を昨年9月に結成。街活性化の試みとしても注目されている。【山口昭】

協会結成 8地域加盟

 協会の宮崎晃吉代表理事(36)は建築家。東日本大震災後に解体予定だった東京・谷中の築63年の木造シェアハウスを2013年にカフェやイベントスペースを備えた複合文化施設「HAGISO」にリノベーション。3年前にまちやど「hanare」を開いた。

 hanareの受付はHAGISOの2階にあり、1階のカフェで朝食。宿泊棟は別の木造住宅を改修した。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. デルタ航空 デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです