メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

日本代表 合宿初日からハードに実戦

攻守に分かれて実戦練習を行う姫野(左)ら=谷口拓未撮影

 6月にテストマッチ「リポビタンDチャレンジカップ2018」の3試合を控えるラグビーの日本代表は28日、宮崎市内で事前合宿を開始した。

     この日は雨の中、午前と午後の計約2時間半練習。セットプレーからの攻防やパントを捕球してからのカウンター攻撃の動きなどを確認した。

     走り込んで体力を消耗させてからの実戦練習もあり、主将のフランカー、リーチ・マイケル(東芝)は「世界のトップチームのように、体力がきつい時間帯に精度の高いプレーをできるようにしたい」と意図を説明した。

     日本は宮崎での合宿を6月1日まで行い、9日と16日にイタリア代表、23日にジョージア代表と対戦する。リーチは「手ごわいが、来年のワールドカップに向け全部勝たないと」と表情を引き締めた。【谷口拓未】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです