メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療

山形大が「バイオバンク」運用 6月から

バイオバンクの運用開始について記者会見する山形大医学部=山形市飯田西の山形大医学部で2018年5月28日、的野暁撮影

 山形大医学部(山形市飯田西)は28日、病気のなりやすさなど患者の遺伝子情報をデータベース化し、治療などに役立てるバイオバンクを6月から運用すると発表した。血液などの生体試料の保管規模を拡充することで、より個々の患者に合った治療方法の確立を目指しており、同学部は「山形県の健康寿命を5年間で1歳延ばしたい」としている。

 患者の遺伝子情報を基に、がんや難病などの効果的な治療を目指すゲノム医療で、山形大付属病院は今年4月…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです