メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

津本陽さん89歳=作家、「深重の海」で直木賞

津本陽さん=丸山博撮影

 「薩南示現流」「下天は夢か」などの剣豪小説、歴史小説で知られる作家、津本陽(つもと・よう、本名・津本寅吉=つもと・とらよし)さんが26日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。89歳。葬儀は近親者で営む。お別れの会を後日開く予定。喪主は妻初子(はつこ)さん。

 和歌山市生まれ。東北大卒。会社員を経て不動産業を営みながら、関西の同人誌「VIKING」に加入。当初は私小説を書いていたが、和歌山・太地を舞台に古式捕鯨を描いた「深重(じんじゅう)の海」で1978年、直木賞を受賞した。

 刑事小説、経済小説など多彩な作品を発表。小学生の頃から始めた剣道は三段、後に抜刀道を修めるなど自身…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです