メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

100点の下に二重線があるのはなぜ?

リズム?「100点超てんちょう」? 先生せんせいくせ気持きも

 Q 100てんした二重線にじゅうせんがあるのはなぜ?(神奈川県横浜市かながわけんよこはまししょう男子だんし

     A 先生せんせい目指めざ学生がくせい育成いくせいする東京学芸大学教育学部とうきょうがくげいだいがくきょういくがくぶ准教授じゅんきょうじゅつとめる高橋純たかはしじゅん先生せんせいきました。「文部科学省もんぶかがくしょうめたテストの点数てんすうかたはないはずです。教育委員会きょういくいいんかいでもめているといたことはありません」と高橋先生たかはしせんせい一本線いっぽんせんは「得点とくてんおなじだけできた」、二重線にじゅうせんは「100点以上てんいじょうくできたとき」のように意味いみたせている先生せんせいはいるようです。

     しかし、よくわれているのは、採点さいてんして最後さいごせんくとリズムがいからという理由りゆうです。また、おかね出入でいりなどを記録きろくする簿記ぼき表記方法ひょうきほうほう記入きにゅうわりにせんとして二重線にじゅうせんくので、そこからきているのではというひともいるそうです。現在げんざい教育学部きょういくがくぶでも採点方法さいてんほうほうまで指導しどうはしていないので、理由りゆうははっきりしません。

     学校がっこう使つかうテストやドリルをつくっている出版社しゅっぱんしゃのベテラン編集者へんしゅうしゃから、高橋先生たかはしせんせいいたはなしでは、先生せんせいたちの研修けんしゅうでは「テストのまるつけは先生せんせい児童じどうとの手紙てがみのやりりのようなものなので、先生せんせい気持きもちがちゃんとつたわるように」と説明せつめいしているそうです。学年がくねん校内こうない統一とういつすることで、先生せんせいどもたちもまよわずみじか時間じかん確認かくにんすることができると、かためる学校がっこうもあるそうです。

     東京都とうきょうと港区教育委員会みなとくきょういくいいんかいにもきました。先生せんせい研修けんしゅう指導しどう担当たんとうする指導主事しどうしゅじひとは「先生せんせいによってちがうとえます。100てん強調きょうちょうするために二重線にじゅうせんほか点数てんすうのときは一本線いっぽんせん先生せんせいおおいようにかんじます」とこたえてくれました。

     先生せんせいそれぞれのおもいやくせがテストの点数てんすうかたあらわれているようです。【大熊真里子おおくままりこ


    疑問募集ぎもんぼしゅう

     まわりの素朴そぼく疑問ぎもんをおちしています。はがきにいて、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん疑問氷解ぎもんひょうかいがかりへおせください。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです