メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手で見るいのち

(2)骨が語る動物のリアル 視覚に頼らない観察とは?

生徒に骨の触り方を伝える武井洋子先生=東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校で2017年11月16日午前9時53分、柳楽未来撮影

 昨年10月、筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)の生物室では、43年目となる恒例の授業が始まろうとしていた。

 「今日から本物の骨を触ります」

 2時間続きの授業の冒頭、中学1年A組の生徒7人に、生物を担当する武井洋子先生(56)が語りかけた。このクラスは全員、点字を使って授業をする全盲の生徒だ。「えっ、まじで!」と一様に驚く生徒たち。毎年くり返されるおなじみの光景だという。武井先生は続けた。「私たち(盲学校)の文化では、触らないと見たことにならないからね」

 生物室は4人で使える大きめの机2個と教壇があり、一般の学校の理科室をコンパクトにしたような造りだ。…

この記事は有料記事です。

残り2542文字(全文2825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです