メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手で見るいのち

(2)骨が語る動物のリアル 視覚に頼らない観察とは?

生徒に骨の触り方を伝える武井洋子先生=東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校で2017年11月16日午前9時53分、柳楽未来撮影

 昨年10月、筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)の生物室では、43年目となる恒例の授業が始まろうとしていた。

 「今日から本物の骨を触ります」

 2時間続きの授業の冒頭、中学1年A組の生徒7人に、生物を担当する武井洋子先生(56)が語りかけた。このクラスは全員、点字を使って授業をする全盲の生徒だ。「えっ、まじで!」と一様に驚く生徒たち。毎年くり返されるおなじみの光景だという。武井先生は続けた。「私たち(盲学校)の文化では、触らないと見たことにならないからね」

 生物室は4人で使える大きめの机2個と教壇があり、一般の学校の理科室をコンパクトにしたような造りだ。…

この記事は有料記事です。

残り2542文字(全文2825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです