メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

日本代表、合宿開始 「ジョセフ・ノート」で結束(スポニチ)

 ラグビー日本代表が28日、宮崎市で6月のテストマッチ3戦に向けた合宿を開始した。午前中にフィットネス練習を挟んで攻守の連係を確認するなど、初日から濃い内容のメニューを消化。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「非常にいい感触。疲労した上でゲームプランを落とし込み選手がどう対応するか見極めている」と練習の狙いを語った。

     集合日だった前日には、選手全員にそれぞれの名前が入ったノートが配布された。通称「ジョセフ・ノート」には「グローカル」「リスペクト」など、選手が日本代表として戦うためのよりどころとなるキーワードが記されている。昨秋に続いて主将を務めるリーチ(東芝)も「(目標は)3勝。勝たないといけない」と固く決意。サンウルブズで築いた自信をさらに深めて決戦に臨む。

     ○…今合宿はジョセフ体制となって初めて、宮崎市のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートで行われる。15年W杯イヤーは4~8月の長期で合宿を張り、当時の選手にとっては“因縁の地”。W杯を2度経験しているリーチは「つらい思い出もあるが、いい思い出もある」と苦笑い。逆に初経験のフランカー姫野(トヨタ自動車)は「環境は凄くいい。ご飯もおいしく、ついつい食べ過ぎる」と気に入った様子だった。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです