メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

「放送文化」再評価の時代へ

 A 民間放送の創成期に制作現場がショックを受けた2人の演出家がいた。吉田直哉(故人)と佐々木昭一郎だ。

 B 2人はいわゆる社会派気取りの単純な演出家ではない。

 A 吉田は、冨田勲のテーマ音楽で始まるドキュメンタリー「日本の素顔」を手がけた。

 B 時代劇、現代劇、ラジオの録音構成などの狭い番組枠から作品を解放した、NHKでもユニークな存在だった。

 A 大河ドラマ「太閤記」の冒頭では、新幹線が疾走するシーンを割り込ませた。放送事故ではと局内を慌て…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです