メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 政府の震災対応

神戸市長田区の火災現場で救助活動にあたる自衛隊員ら。阪神大震災の対応は大きな教訓となった=神戸市長田区で1995年1月18日、中村琢磨撮影

 1995年1月17日の阪神大震災は犠牲者6434人を数え、2011年3月11日の東日本大震災は死者1万5895人の被害をもたらした。平成は「大災害の時代」と位置付けられる。阪神大震災の教訓から作られた公益財団法人・ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長の五百旗頭真氏(74)とともに政府の震災対応と課題を考える。【聞き手・岸俊光】

この記事は有料記事です。

残り3658文字(全文3824文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです