メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 政府の震災対応

神戸市長田区の火災現場で救助活動にあたる自衛隊員ら。阪神大震災の対応は大きな教訓となった=神戸市長田区で1995年1月18日、中村琢磨撮影

 1995年1月17日の阪神大震災は犠牲者6434人を数え、2011年3月11日の東日本大震災は死者1万5895人の被害をもたらした。平成は「大災害の時代」と位置付けられる。阪神大震災の教訓から作られた公益財団法人・ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長の五百旗頭真氏(74)とともに政府の震災対応と課題を考える。【聞き手・岸俊光】

この記事は有料記事です。

残り3658文字(全文3824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです