メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

イタイイタイ病認定50年 住民苦闘の歴史、未来に=田倉直彦(大阪学芸部)

1972年、企業を相手にイタイイタイ病患者、遺族が起こした訴訟の控訴審に勝ち、感激に涙する原告の患者たち=名古屋高裁金沢支部前で

 イタイイタイ病が国内初の公害病に認定されて今月で50年。20年前の富山支局員時代からこの問題を追い、今年3月以後、被害を受けた富山県の神通川流域で現状を取材した。被害住民は原因企業との訴訟を経て環境改善に取り組み、神通川のカドミウム濃度は自然界レベルとなった。汚染田の土壌復元も完了。イ病の前駆症状である腎臓障害を患う人の救済が残された課題だったが、企業が一時金を払う制度が設けられ、住民側は「全面解決」に合意した。

 全ては多くの困難を克服してきた住民運動の成果だ。住民の苦難の軌跡は教訓として語り継がなくてはならな…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2041文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです