メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

日大アメフット部処分 異常な支配構造への断罪

 日本大アメリカンフットボール部選手の悪質なタックルをめぐる問題で、関東学生連盟が関係者の処分を決めた。日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)元コーチは除名とした。

     除名は懲罰規定で最も重く、大学アメフット界からの永久追放にあたる。学生に限らず、スポーツ界での除名処分は極めて異例だ。

     学連は、井上氏の「つぶせ」という言葉には「けがをさせろという意図が込められていた」と認定した。内田氏の発言については、映像などから「およそすべてに信用性がない」と指摘した。

     一方、タックルなどの反則を重ねた日大の宮川泰介選手の証言には合理性があると認めた。

     処分は、指導者として不適格だと結論づけただけではない。内田氏による日大アメフット部の異常な支配構造も浮き上がらせた。

     反則行為の映像がネットなどで流れると、宮川選手は指導者の指示を記者会見で認めた。日大はそれを受ける形で内田氏らが否定した。

     言い分は食い違うが、両者に共通するのは、選手を強圧的かつ心理的に追い込んでいく指導方法だ。

     宮川選手は、日ごろから内田氏に意見を言える関係ではなかったと明かしている。

     日大アメフット部の選手たちは父母会を通じて声明文を発表した。その中でも、監督やコーチに頼りきりになり、言われるがままに指示に従ったと記されている。

     監督は選手の起用法だけでなく、卒業後の進路にも大きな影響力を持つ。そのような権力者に選手が刃向かうことは許されず、服従を強いられる。指導とは呼べないような非常識な接触が日常化していた。

     学連によれば、コーチも内田氏を恐れて、指導方針を曲げて追従した。気に障ることがあれば辞めさせられたという。

     内田氏は、現在は職務停止中とはいえ、大学では人事担当の常務理事である。大学経営の中枢にいる人物となれば、コーチでも逆らうことは難しいという現実があった。

     こうして内田氏を頂点とするピラミッド型のゆがんだ支配構造が構築されていった。学連の処分は、この構造こそが問題を引き起こした本質だと断罪したに等しい。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
    2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
    3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
    4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
    5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです