メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

対米改善模索 大使館幹部追放の一方で 米国人釈放、制裁緩和狙う

25日、カラカスのベネズエラ大統領府で会談したマドゥロ大統領(左)とコーカー米上院外交委員長=同大統領府提供・AP

 【サンパウロ山本太一】南米ベネズエラで反米左派マドゥロ大統領が20日に再選されて以降、マドゥロ政権は在ベネズエラ米大使館幹部2人を追放する一方、約2年間拘束していた米国人男性らを釈放し、硬軟織り交ぜた対米外交を展開している。国際社会での孤立化が進む中、対米関係改善を模索するが、両国の隔たりは大きい。

 AP通信などによると、釈放されたのは米ユタ州出身のジョシュア・ホルト氏とベネズエラ出身の妻。ホルト…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです