メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア

政局混乱、国債急落 12年以来の債務危機懸念も

 【ロンドン三沢耕平】ユーロ圏3位の経済大国、イタリアの政治混乱が止まらない。3月4日の総選挙以降、欧州連合(EU)懐疑派政党が主導権を握る中で事実上の政治空白が続き、今秋にも再選挙が実施される見通しが強まっている。金融市場ではユーロやイタリア国債を売る動きが広がり、債務危機に見舞われた2012年以降で最大の経済混乱に陥る懸念が出てきた。

 3月の総選挙では過半数を獲得する政党がなく、32%の得票率だったポピュリズム(大衆迎合主義)政党の…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1050文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです