メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LNG

米産輸入本格化 シェール由来 価格安定、転売自由

米メリーランド州のコーブポイントから東京ガスの根岸LNG基地に初めて到着したLNG船=横浜市磯子区で2018年5月21日、袴田貴行撮影

 シェールガス由来の米国産液化天然ガス(LNG)の輸入が本格的に始まった。大手電力、ガス会社などが東日本大震災後の原発停止・火力発電増強に対応し相次いで参画した米国でのLNGプロジェクトが実際に動き出したためだ。米国産LNGの特徴は、原油価格に連動する中東産と異なり、価格が安定している上、転売も自由な点。中東産などへの依存から脱却したい各社の期待は大きい。【袴田貴行、安藤大介】

 一方、日本政府内には「米国産LNG輸入拡大が貿易不均衡是正を迫るトランプ米政権への懐柔策につながる…

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1327文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです