メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/1 暑さに強いコメ、ブランド化

「新之助」の苗を植えたばかりの田んぼを見守る高塚俊郎さん。暑さに強い新品種への期待は大きい=新潟市秋葉区で18日、大場あい撮影

 <くらしナビ 環境>

 地球温暖化に伴う被害を回避・軽減する「適応」。連載「+2℃の世界 適応の現場から」では、地域などで進む取り組みを中心にリポートする。初回は、日本人の主食・コメ。暑さに弱いコシヒカリが主力品種の新潟県では、高温耐性品種「新之助」を開発し、ブランド化を狙う。

 近くを阿賀野川が流れる新潟市秋葉区満願寺。イネを干すのに使う木が立ち並ぶ「稲架木(はさぎ)並木」そばの水田で、植えられたばかりの新品種「新之助」の葉が風に揺れていた。「日照不足に見舞われた去年も品質は悪くなかった。今年暑くなればもっといいコメができる」。タカツカ農園の高塚俊郎代表(47)は力強く語った。

 新之助は、新潟県が「暑さに強くておいしいコメ」として開発した高温耐性品種だ。粒が大きくてかみ応えが…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです