メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 健康の地域格差対策 「見える化」が第一歩=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 今では2兆円近い医療費が使われ、30歳以上では男性の6割、女性の45%が持っているのに、100年前には放置されていた病気がある。それは高血圧である。高血圧の恐ろしさを調べる本格的な追跡研究が始まったのは1940年代になってからのこと。100年前には、今のような血圧計がなかったからだ。

 本連載で、高齢者の転倒や認知症が多い「まち」があることを紹介した。高血圧や糖尿病が多いまちもある。これらが地域間の健康格差だ。「そんな話は聞いたことがない」という人もまだ多いだろう。血圧が測れなかった時代の高血圧と同じで、測定方法がなければ、話題に上らず問題にもされない。

 一方、こうした実態を「見える化」すれば、問題を発見し、関係者で共有し、要因を分析して対策を考え、そ…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1090文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. コトバ解説 「麻薬」と「覚醒剤」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです