メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

景気ウオッチ・九州山口

クルーズ船、寄港数増加 九州経済調査協会 小柳真二・研究主査

 2017年のクルーズ客船の九州への寄港数は1070回(九州地方整備局管内)。前年から256回増えた。なかでも博多港は326回で、3年連続全国1位、長崎港も267回で全国2位だ。中国の経済成長により、世界中の船会社が中国発着便を増やし、九州や沖縄への寄港が爆発的に増えている。

 博多港は16年ごろから連日のようにクルーズ船が着岸している状況で、受け入れ能力の上限に近づいている。一方、まだ余裕のある長崎や八代、佐世保などが数を伸ばした。

 中国発着クルーズの多くは、若い家族連れなどをターゲットとした4泊5日くらいの手ごろな価格のツアーだ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. ジャパネットたかた 再発防止命令 違法な価格表示で
  5. ことば 地面師

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです