メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 全国で橋の老朽化が進む中、センサーによる橋の常時遠隔監視システムを開発している企業を25日付朝刊で紹介した。「地方自治体に人も金もない場合、テクノロジーを使わないと橋は維持管理でない」。九州電力の完全子会社、QTnet(福岡市)と組んで実証試験を進める共同技術コンサルタント(宮崎市)の福岡支店長、松永昭吾さん(47)は強調した。

 橋の主要管理者である地方自治体で、橋の保全業務に携わる土木技術者は少ない。国土交通省の統計によると…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  5. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです