メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

7647億円黒字、上場投信残高増 3月期決算

 日銀が29日発表した2018年3月期決算は、一般企業の最終(当期)損益に当たる当期剰余金が前期比2581億円増の7647億円の黒字となり、2年連続で増加した。大規模な金融緩和策の一環として買い入れる上場投資信託(ETF)の残高が増加し、分配金が増えたことが全体を押し上げた。国庫納付金は7265億円。

 ETFの運用益は前期比1066億円増の2789億円、国債利息収入は341億円増の1兆2211億円だ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文467文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです