メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア

政局混乱、国債急落 12年以来最大の危機懸念

 【ロンドン三沢耕平】ユーロ圏3位の経済大国、イタリアの政治混乱が止まらない。3月4日の総選挙以降、欧州連合(EU)懐疑派政党が主導権を握る中で事実上の政治空白が続き、今秋にも再選挙が実施される見通しが強まっている。金融市場ではユーロやイタリア国債を売る動きが広がり、債務危機に見舞われた2012年以降で最大の混乱に陥る懸念が出てきた。

 3月の総選挙では過半数を獲得する政党がなく、32%の得票率を得たポピュリズム(大衆迎合主義)政党の…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1047文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです