メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手で見るいのち

(4)授業のルーツは南極観測隊員にもなった「ペンギン博士」  

南極でペンギンを抱く青柳昌宏先生=長女の内田啓子さん提供

 じっくりと手で骨を触って観察する授業はどうやって生まれたのか。きっかけを作ったのは、一人の生物教師だ。

 「ンガ、ンガ、ンガ、ガガガガガ」「ガアガアガアガガアー」。1972年1月、南極大陸。アデリーペンギンのルッカリー(集団営巣地)で、ひなのために餌を持ち帰った親鳥たちのけたたましい鳴き声が響き渡っていた。南極では夏とはいえ、寒風が吹きすさぶ中、防寒具に身を包んでルッカリーの北側にある岩陰に座り込んでいた男がいた。第13次南極観測隊の青柳昌宏隊員(1934~98年)。彼こそ、「骨の授業」を考案した人物だ。

 当時、東京教育大付属盲学校(現・筑波大付属視覚特別支援学校)の生物教師だった。学校の先生としては初…

この記事は有料記事です。

残り2537文字(全文2842文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです