メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
手で見るいのち

(4)授業のルーツは南極観測隊員にもなった「ペンギン博士」  

南極でペンギンを抱く青柳昌宏先生=長女の内田啓子さん提供

 じっくりと手で骨を触って観察する授業はどうやって生まれたのか。きっかけを作ったのは、一人の生物教師だ。

 「ンガ、ンガ、ンガ、ガガガガガ」「ガアガアガアガガアー」。1972年1月、南極大陸。アデリーペンギンのルッカリー(集団営巣地)で、ひなのために餌を持ち帰った親鳥たちのけたたましい鳴き声が響き渡っていた。南極では夏とはいえ、寒風が吹きすさぶ中、防寒具に身を包んでルッカリーの北側にある岩陰に座り込んでいた男がいた。第13次南極観測隊の青柳昌宏隊員(1934~98年)。彼こそ、「骨の授業」を考案した人物だ。

 当時、東京教育大付属盲学校(現・筑波大付属視覚特別支援学校)の生物教師だった。学校の先生としては初…

この記事は有料記事です。

残り2537文字(全文2842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです