メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手で見るいのち

(8)言葉を生む「考える観察」 生徒は何を見ているのか

イヌのつま先立ちの様子を自らの手で再現している坂本孝暁君=東京都文京区の筑波大付属視覚特別支援学校で2018年1月18日午前9時36分、柳楽未来撮影

 筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)の中学1年のクラスで、骨を触って観察する生物の授業に通い始めて3カ月。年が明けると、触る骨は当初の頭蓋骨(ずがいこつ)から全身骨格に変わった。この授業の本質が、じっくり触ることで観察力を身に着けることにあるのは間違いない。だがこのころになると、その先にあるもう一つの本質がおぼろげながら見えてきた。

 全身骨格の一つ目はイヌだった。中型で、生きていたときのように四本脚で立った状態に組み立てられていた…

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです