メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手で見るいのち

(9)遺骨を献体した篤志家 人体学ぶ糧に

遺骨を献体した福田平治氏について語る小川幹雄さん=松江市で2018年3月30日午後2時13分、柳楽未来撮影

 今も昔も、視覚障害者は指圧やはり・きゅうなど「理療(りりょう)」と呼ばれる仕事に就くケースが多い。この仕事では、人体の仕組みを理解することが不可欠だ。「戦前、盲学校の生徒たちが人体を学べるようにするため、自分の遺骨を献体した人たちがいた」。筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)で骨を触る授業を取材し始めてからしばらくしたころ、私はこんな話を耳にした。 

 盲学校の歴史に詳しい京都府立盲学校の非常勤講師、岸博実さん(69)に聞いてみると、新潟、島根、福岡…

この記事は有料記事です。

残り2461文字(全文2691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです