メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手で見るいのち

(10)五感で感じる自然 生命の奥深さ実感

ネイチュア・フィーリングで満開のサクラの枝を触る参加者=東京都新宿区の新宿御苑で2018年3月25日午前10時31分、柳楽未来撮影

 筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)の中学1年の生物の授業に通い始めて半年がたった今年3月下旬の日曜日、私は東京・新宿御苑にいた。例年よりも早くサクラが満開を迎え、大勢の人でにぎわう公園では、この授業を作った教師らが考案して始まった「ネイチュア・フィーリング」という自然観察会が開かれていた。

 観察会は月1回のペースで開かれているという。入り口付近の集合場所には、既に参加者15人ほどが集まっていた。白杖(はくじょう)を持った視覚障害者が半数ほど、残りは目に障害のない人たちだった。冒頭、スタッフが「五感を研ぎ澄まして、今日もいつも通り、のんびりゆっくり観察したいと思います」と簡単なあいさつ。特に詳しい説明もないまま「じゃあ行きましょうか」と苑内に入っていったので、最初はスタッフと参加者の区別がつかなかった。

 初めに向かったのはサクラの木。まず手が届く高さの枝を触る。ゆっくりと先端に向けて指を進めると、花の…

この記事は有料記事です。

残り2688文字(全文3098文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです