メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションショー

おしゃれ、性の垣根越える 「女性装」安冨教授ら企画 男性用ワンピなど披露 来月、東大で

ブローレンヂの松村智世さん(左)と、松村さんがデザインしたワンピースを着る男性=ブローレンヂ提供

 性別で区別せず自由な服装を楽しむことで、社会の新たな可能性を探るファッションショーが6月3日、東京大学安田講堂(東京都文京区)である。「女性装」で知られる東大東洋文化研究所の安冨歩教授(55)らが企画した。ショーには性的少数者も参加。男性の骨格に合った可愛いワンピースなどを披露する。シンポジウムもあり、主催者は「ファッションから男女の垣根を取り払うことで、社会の多様性について考えたい」と話している。【倉田陶子】

 安冨教授と、既製服ブランド「blurorange(ブローレンヂ)」(大阪市)代表でデザイナーの松村…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです