メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 一人一人の名前を見ると、この人が確かに生きていたのだと感じる。遺骨や遺品が納められ、記名された無数の箱が並ぶ。

 東京の郊外、高尾山の近くに、労災認定された故人の霊を慰める「高尾みころも霊堂」が建つ。厚生労働省所管の独立行政法人が運営し、労災保険法が施行された1947年以降、25万7000人余がまつられている。

 霊堂の外にはその年に亡くなった人数が刻まれた石碑がある。「三千三百五十四名」「三千四百五名」「三千…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです