メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短歌雑誌「かりん」

40年 500人が節目祝う

『かりん』40周年祝賀会であいさつする馬場あき子主宰=東京都新宿区のヒルトン東京で2018年5月27日、井上卓弥撮影

 短歌雑誌『かりん』(馬場あき子主宰)の創刊40周年祝賀会が27日、東京都内のホテルで開かれ、秀でた歌人を世に送り出し、現代歌壇をけん引してきた結社の節目を約500人の参会者が祝った。

 90歳の馬場主宰は冒頭、「この40年とは何だったのか、振り返る時間を皆で持ってきた。毎月、20代の若手から90代までが短歌について一緒に考え、互いに理解し合う中で、古いもの…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです