メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐんまの書

取り組む姿勢「先輩」から学ぶ 「書の甲子園」県内最多6人が入選 伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校 /群馬

 

 個々の思いを一人一人が表現する書の道だが、その修練の場を見ていくと「実力校」と呼ばれる学校がある。県内では、伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校が、そんな存在に育ちつつある。「書の甲子園」と呼ばれる国際高校生選抜書展で、2017年度の入選者が県内最多の6人。16年度には優秀賞受賞者も出した。その背景を尋ねた。

 四ツ葉学園は新しい学校だ。市町村が運営する全国初の中高一貫6年制の学校として、09年4月に開校した…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文803文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです