メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

難航する対露平和条約交渉 首相は礎になる覚悟を=大前仁(モスクワ支局)

日露首脳会談で握手をするプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=モスクワのクレムリンで26日、AP

 安倍晋三首相はプーチン露大統領と通算21回目の首脳会談を終えた。「平和条約に向け着実に前進していく決意を2人で新たにした」「私たちの世代で平和条約の交渉に終止符を打ちたい」--。安倍首相は会談後、両国関係について前向きのトーンで繰り返した。しかし、日露平和条約に関する課題が思うように進んでいないのは明白だ。米露関係が加速度的に悪化する状況を踏まえると、ロシアが自国の安全保障に関わる北方領土について、一部ですら引き渡すシナリオは考えづらい。日本としては10年先、20年先を見据え、国際情勢の変化に期待しながら、粘り強く交渉するしかないと思う。

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文2012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです