メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

新大関・栃ノ心「感謝」 ジョージア出身で初

大関に昇進し、タイを手に記念撮影する栃ノ心(左)と春日野親方(右)=和田大典撮影

 日本相撲協会が30日開いた大相撲名古屋場所(7月8日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議と臨時理事会で、新大関・栃ノ心(30)=春日野部屋、ジョージア(グルジア)出身=が正式に誕生した。東京都墨田区の同部屋に協会の使者を迎えて行われた昇進伝達式で、栃ノ心は「親方の教えを守り、力士の手本となるように、稽古(けいこ)に精進します」と口上を述べた。大関誕生は昨年夏場所後の高安(田子ノ浦部屋)以来で、ジョージア出身では初。外国出身としては11人目になった。(6面に「ひと」)

 平成以降の大関昇進の口上で、「親方」などの言葉を入れて師匠に言及したのは初めて。記者会見で栃ノ心は…

この記事は有料記事です。

残り1355文字(全文1647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです