メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古民家

宮崎・日向市が活用協定 移住や地域活性化へ

古民家活用の協定を結んだ十屋幸平・日向市長(左)と古民家再生協会宮崎の坂口代表理事=2018年5月30日、勝野昭龍撮影

 宮崎県日向市は30日、古民家再生協会宮崎(同市本町、会員4人)と市内の古民家活用に関する連携・協力協定を結んだ。県内の自治体では初めて。市内の古民家を残し他地域からの移住や地域活性化に役立てることを目指す。

 市によると、市内には戦前に建てられた古民家約970軒がある。しかし、国の重要伝統的建造物群保存地区の美々津地区で賃貸住宅にしたケースの他は活用事例…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]