メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

佐藤名人が寄せ切り3勝2敗 3連覇に王手 

 名古屋市の万松寺で29日から指されていた第76期名人戦七番勝負第5局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、万松寺協力)は30日午後6時43分、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を84手で破り、3勝2敗とリードして3連覇へあと1勝と迫った。残り時間は羽生1時間46分、佐藤23分。第6局は6月19、20の両日、山形県天童市の天童ホテルで指される。

 2日目は、2筋でにらみ合う飛車先をどちらが押さえ込むかの争いになった。羽生は封じ手の4六角(39手…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです