メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

佐藤名人が寄せ切り3勝2敗 3連覇に王手 

 名古屋市の万松寺で29日から指されていた第76期名人戦七番勝負第5局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、万松寺協力)は30日午後6時43分、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を84手で破り、3勝2敗とリードして3連覇へあと1勝と迫った。残り時間は羽生1時間46分、佐藤23分。第6局は6月19、20の両日、山形県天童市の天童ホテルで指される。

 2日目は、2筋でにらみ合う飛車先をどちらが押さえ込むかの争いになった。羽生は封じ手の4六角(39手…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです