メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新大関・栃ノ心

口上に「親方」 師匠反対も感謝の思い

大関昇進の伝達を受け、口上を述べる栃ノ心(中央)。左右は春日野親方夫妻=東京都墨田区の春日野部屋で2018年5月30日午前9時28分、和田大典撮影

 日本相撲協会が30日開いた大相撲名古屋場所(7月8日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議と臨時理事会で、新大関・栃ノ心(30)=春日野部屋、ジョージア出身=が正式に誕生した。東京都墨田区の同部屋に協会の使者を迎えて行われた昇進伝達式で、栃ノ心は「親方の教えを守り、力士の手本となるように、稽古(けいこ)に精進します」と口上を述べた。大関誕生は昨年夏場所後の高安(田子ノ浦部屋)以来で、ジョージア出身は初。外国出身としては11人目になった。

 平成以降の大関昇進の口上で、「親方」などの言葉を入れて師匠に言及したのは初めて。記者会見で栃ノ心は…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです