メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新大関・栃ノ心

けがと闘う力士の「手本」にも

 大関昇進が決まった栃ノ心は伝達式で、よどみなく「力士の手本になるように稽古(けいこ)に精進します」と口上を述べた。記者会見では、その真意について「若い力士が自分をまねるぐらい、稽古を頑張りたいということ」と語った。

 新入幕から所要60場所での大関昇進は、二代目増位山と並び歴代で最も遅い。出世の遅れは、右膝の大けがで幕下にまで落ちたことが影響している。2006年春場所の初土俵から約2年という早さで新入幕を果たしたが、13年名古屋場所中に右膝の靱帯(じんたい)を断裂し、その…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです