メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

女優・岩下志麻さん サンセット大通り、演じてみたいわ

「軽い気持ちで女優になったんだけど、それが運命だったのかもしれないわね」=横浜市西区の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで、手塚耕一郎撮影

 「あんたら、覚悟しいや」。大ヒット映画「極道の妻たち」で、妖艶な「姐(あね)さん」を着物姿で演じたご本人。髪を結った姿にお目にかかると、理知的で物腰柔らかな雰囲気が漂う。そして、何より陽気だ。「おほほほ」と終始、笑い声の花が咲く。

 女優人生60年。出演作は120本を超えた。純真無垢(むく)な少女、慈愛に満ちた母、情念の女、コメディエンヌ……。変幻自在に演じてきたが、一体どれが本物の志麻さん?

 最近、映画史研究家の春日太一さんがインタビューをしてまとめた本「美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1732文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです