メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

女優・岩下志麻さん サンセット大通り、演じてみたいわ

「軽い気持ちで女優になったんだけど、それが運命だったのかもしれないわね」=横浜市西区の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで、手塚耕一郎撮影

 「あんたら、覚悟しいや」。大ヒット映画「極道の妻たち」で、妖艶な「姐(あね)さん」を着物姿で演じたご本人。髪を結った姿にお目にかかると、理知的で物腰柔らかな雰囲気が漂う。そして、何より陽気だ。「おほほほ」と終始、笑い声の花が咲く。

 女優人生60年。出演作は120本を超えた。純真無垢(むく)な少女、慈愛に満ちた母、情念の女、コメディエンヌ……。変幻自在に演じてきたが、一体どれが本物の志麻さん?

 最近、映画史研究家の春日太一さんがインタビューをしてまとめた本「美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1732文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]