メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

香川県・小豆島(映画「魔女の宅急便」) 小豆島フィルム・コミッション統括プロデューサー・有本裕幸さん

絵になる自然を観光資源に 有本裕幸さん(55)

 小豆島では、映画「二十四の瞳」「8年越しの花嫁奇跡の実話」やドラマ「Nのために」など、さまざまな作品のロケが行われてきました。美しい海と山と空があり、宿泊施設も多くて撮影しやすい。撮影時には島の人々の協力が欠かせませんが、エキストラなどで自分たちが出演した作品がスクリーンに映し出された時の達成感は格別です。

     近年、ロケ地を観光資源として活用する「ロケツーリズム」という言葉が注目されていますが、小豆島でもロケ地を目当てにした観光客が増えているようです。以前と比べて目に付くのは一人旅の若い女性。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の広がりで景色や料理、ユニークな体験をいつでも発信でき、世界中の人と共有できる。それで1人でも楽しめる人が増えたのでしょう。

     台湾や香港など、外国人観光客も多いですよ。東京や京都などメジャーな観光地を一通り経験した外国の方々がリピーターとして日本に訪れる際、豊かな自然が残る地方に目を向けているのでしょう。「インスタ映え」する美しい景色を楽しんでほしいですね。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
    2. アイス ピノがCMをやめた理由
    3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]