メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

香川県・小豆島(映画「魔女の宅急便」) 小豆島フィルム・コミッション統括プロデューサー・有本裕幸さん

絵になる自然を観光資源に 有本裕幸さん(55)

 小豆島では、映画「二十四の瞳」「8年越しの花嫁奇跡の実話」やドラマ「Nのために」など、さまざまな作品のロケが行われてきました。美しい海と山と空があり、宿泊施設も多くて撮影しやすい。撮影時には島の人々の協力が欠かせませんが、エキストラなどで自分たちが出演した作品がスクリーンに映し出された時の達成感は格別です。

 近年、ロケ地を観光資源として活用する「ロケツーリズム」という言葉が注目されていますが、小豆島でもロ…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです