メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

採用面接スタート 今年も「売り手市場」

採用選考の受け付けをするスーツ姿の学生=大阪市中央区の大阪ガス本社で2018年6月1日午前10時、岡奈津希撮影

 来春卒業予定の大学生らを対象にした経団連加盟企業の面接、選考活動が1日、解禁された。人手不足を背景に企業の採用意欲は依然強く、今年も学生優位の「売り手市場」。働き方改革に注目が集まる中、残業や休暇、福利厚生に関心を持つ学生が増え、企業側は待遇改善で優秀な人材を呼び込もうとする傾向も続いている。

 大阪ガスはこの日午前9時半から大阪市中央区の本社で、志望する学生らによるグループディスカッションを実施。この日は約370人を選考する予定で、受付にはリクルートスーツをまとった学生らが次々と訪れた。

 売り手市場の中で、各社は待遇面でのメリットもアピール。引っ越し大手のアートコーポレーション(大阪市…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 毎月勤労統計見直し、官邸に配慮か 担当者「何とかしないと」
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 北九州市が工藤会本部を現地調査 固定資産税滞納差し押さえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです