メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/4 5分間の「入棺体験」 「最期はひとり」を実感 /東京

2人ペアになって行う入棺体験。フタの重さがリアルだった

 終活協議会(東京・巣鴨)の遠藤ひできさん(50)から「入棺体験」に誘われたとき、まさか本当に入るとは思っていなかった。各地の終活イベントではよくある出し物だし、閉所恐怖症だし。でも、実際会場に行って遠藤さんの説明を聞いて、やってみる気になった。葬儀っぽい演出はない。段ボール製ではない、普通の棺おけでやるというのだ。

 何より、いきなり<あなたは今、あの世にいます>という想定から入るのである。その後に設問がまず三つ。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです